顧問・理事の紹介

ホルスト・ギュンツェル博士

1951年生まれ。
1973年、ライプチヒの身体文化大学(DHfK)卒業(専攻:陸上競技、現役時期は3段跳び競技選手)。卒業後、身体文化スポーツ研究所(FKS)にて、重量挙げ競技のトレーニング科学部で科学研究員。
1977年、DHfKにて博士号取得(「重量挙げ競技におけるジュニアトレーニングの構成法」)。
1986年、ドイツ体操スポーツ連盟(DTSB)本部のトレーニング方法部に移動し、瞬発力系競技種目に従事。この時期、趣味として、テニス競技に取り組み、コーチとしても従事。
1993年、茨城県水戸市のフィットネスクラブでのスポーツ科学顧問に就き、野球チームや陸上競技選手、競輪選手などのコンディショニングに携わる。
2000年以降、千葉県柏市の(財)吉田記念テニス研修センター(TTC)においてフィットネス・ディレクター(兼テクニカル・ディレクター)。車いすテニスの国枝選手のコンディショニングなど。
2014年以降、メディカルフィットネスマグノリア(茨城県水戸市)においてスポーツサイエンスアドバイザーとしてトップスポーツの選手を指導、現在に至る。

クリスチャン・ハルトマン博士

1952年生まれ。1978年科学研究員。
ドイツ身体文化大学(DHfK)の解体までシュナーベル教授のもとでトレーニング科学の一般理論・方法を研究する。
ライプチヒ大学スポーツ科学部の創立時のメンバーであり、その5年後に一般動作・トレーニング科学研究室の創設に寄与。
現在の研究領域は、コオーディネーション能力、スポーツ運動テスト、運動の個体発生。

ハンスーヨアヒム・ミノー博士

ライプチヒ大学スポーツ科学部の一般動作トレーニング科学研究室の創立時のメンバー。
ドイツ身体文化大学(DHfK)において1981年から1984年まで研究生として、1990年からは科学研究員として、ハーレ教授(専門領域:持久/コンディション)のもとで研究する。
現在の研究領域は、パフォーマンス前提条件(コンディション要因)とその育成。

アルント・プフュッツナー博士

1949年生まれ。1974年身体文化スポーツ研究所(FKS)科学研究員。
1992年、応用トレーニング学研究所(IAT)設立以降、持久系スポーツ専門部主任。1990年〜1998年ドイツ・トライアスロン連盟(DTU)競技スポーツ担当副会長。2016年応用トレーニング学研究所所長。
持久系スポーツに関する出版物多数。

ゲラルド・フォス博士

1978〜82 ライプチヒ体育大学(DHfK)専攻:陸上競技
1982〜85 同大学にて科学研究生(研究領域:スピード/瞬発筋力)
*1986年  博士号を取得
1985〜91 同大学にて科学研究助手(陸上競技研究室)
*1990年  教授資格学位(habil)を取得
1991〜現在 私立教育研究所 “UNIVERSUM” 理事長
同研究所内のトレーニング科学・パフォーマンス診断研究室にて、プロ自転車選手(とくにツールドフランス)や各スポーツクラブの競技選手を科学サポート(とくにスピード)。
陸上競技やゲーム系種目(ハンドボールほか)を中心に、スピードをテーマとする指導活動や、ドイツ陸連主催コーチ養成/コーチ研修での講師活動。
スピードに関連するトレーニング器具やトレーニング診断器具の研究開発。
数多くの執筆作業(そのうち単行本『スピードトレーニングの新たな方法』=1992年、『スピードトレーニングへの挑戦』=2007年)

理事の紹介(五十音順)

上田 憲嗣

上田 憲嗣

所属:立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授
研究領域:スポーツ教育学・発育発達学
主たる研究テーマ:体育から動作教育への質的転換
最近の研究トピック:体育授業へのコオーディネーショントレーニングの導入

鈴木タケル

鈴木 タケル

2008年 公益社団法人 日本プロゴルフ協会入会
2010年 日本プロゴルフ協会ティーチングアワード奨励賞受賞
     非優勢側スタンスでのゴルフ練習方法「スイッチゴルフ」提唱
2013年 ライプチヒ大学公認“コオーディネーショントレーナー”資格取得
2017年 国際武道大学大学院 武道・スポーツ研究科修了 修士(体育学)
2018年 世界ゴルフ学会ポスター発表 「優勢及び非優勢側パッティングにおける比較」
2018年 「ゴルフ新上達法法則」出版(実業之日本社)

多田久剛

多田 久剛

■ 現職
  NPO法人Spitzen Performance 代表理事
  コオーディネーションスクール 全10校運営
  United Spirit Association Japan(チアリーディング協会) オフィシャルトレーナー
  プロ野球S&C研究会事務局長
■ 学歴
  カリフォルニア州立大学 ロングビーチ校卒業
  筑波大学大学院 修士課程 スポーツ医学専攻 修了
■ 資格
  NATA全米アスレティックトレーナーズ協会認定 トレーナー
  ドイツライプチヒ大学認定 コオーディネーショントレーナー 同マイスター
  日本トレーニング指導者協会認定 上級トレーニング指導者
  日本禁煙学会認定専門禁煙指導者
  国際救命救急協会・全米心臓協会(AHA)認定BLSアドバンスインストラクター
■ 職歴および主な活動歴
  日産自動車硬式野球部 専属アスレティックトレーナー
  北海道日本ハムファイターズトレーナー、コンディショニングトレーナー
  帝京平成大学地域医療学部医療スポーツ学科 講師
  国立スポーツ科学センター トレーニング体育館非常勤指導員

村田 竜哉

村田 竜哉

■ 現職
  日本健康運動指導士会 兵庫県支部 理事
  神戸医療福祉専門学校 理学療法科 非常勤講師
  テクノジムジャパン マスタートレーナー
  REX体操クラブ 女子エリートクラスコーチ
  T34パラアスリート(2018年日本代表) パーソナルコーチ
  その他フリーランスとして活動中
■ 資格
  ドイツライプチヒ大学認定コオーディネーショントレーナー
  同マイスター称号取得
  NSCA認定ストレングス&コンディショ二ングスペシャリスト
  健康運動指導士
  日本スポーツ協会公認 体操コーチ
  中級障がい者スポーツ指導員
  日本陸上競技連盟公認 ジュニアコーチ
  医薬品登録販売者
  柔道整復師(2020年取得見込)

錦織 法晴

錦織 法晴

體育哲学研究者
陸上自衛隊少年工科学校33期
筑波大学大学院スポーツ医科学学際専攻修了
日本古武道判官流28代継承
元リクルートシーガルズ所属(社会人アメリカンフットボールXリーグ)
GRIT総研理事
Coaching Arts(コーチングアーツ)代表 https://coachingarts.jp/

綿引 勝美

綿引 勝美

所 属:鳴門教育大学スポーツ哲学教室を担当
著 書:
・コオーディネーショントレーニング 新体育社
・動作学(翻訳) 新体育社
・動作学-スポーツ運動学(翻訳) 新体育社
・動作教育と動作文化(翻訳) 新体育社
・リスクトレーニング(翻訳) ブックハウスHD
関連のHP:
スポーツ運動論(ドイツ語)
http://www.sportunterricht.de/lksport/lkbeweg.html

事務局

高橋 日出二

高橋 日出二【事務局長】

1952年北海道旭川市生まれ。
74年から79年まで東ドイツ留学後、90年まで日本DDR友好団体の職員。
その後、スポーツコーディネーターとして選手のドイツ留学やドイツ合宿の企画、ドイツ指導者の招聘企画など競技スポーツに関連するあらゆるコーディネート業務を行なっている。

大村 聡一郎

大村 聡一郎【WEB管理】

中学より高校/大学/社会人でアメリカンフットボール選手。
リクルート(現オービック)シーガルズに1998年入部。
三回の社会人日本一・ライスボウル出場(日本一決定戦)と二回の日本一。
現役引退後はコーチとしてアメリカンフットボールに関わる。

  • 2007年-2011年春 駒澤大学
    OL/DLコーチ
  • 2012年-2013年 東京ガスクリエーターズ
    ヘッドトレーナー(2013年)・OL/DLコーチ・キッキング/フィールドマネージメント
  • 2014年 IBM BIG BLUE
    アシスタントヘッドコーチ就任
    チーム史上初の社会人選手権進出に貢献
  • 2015年 ZERO FIGHTERS
    ヘッドコーチ就任 オフェンスコーディネーター兼任。
    2015年創部チームをX2昇格させる。
  • 2016年 ブルザイズ東京
    リーグ戦終盤10月中旬より参加。
  • 2017年 ブルザイズ東京 ヘッドコーチ就任
    オフェンスコーディネーター兼任
    X2リーグ戦優勝、X1入替戦出場するも敗退
  • 2018年 ブルザイズ東京 ヘッドコーチ
    リーグ戦全勝優勝、X1へ昇格を果たす。

Coaching Arts(コーチングアーツ)顧問