【運動神経が良い子と悪い子の違い】「運動能力が高まる!」コオーディネーショントレーニングとは

「うちの子がどんくさいのは、私が運動音痴だから?」
「誰に似たのか?この子は運動神経が悪い…」
そう思ったことはありませんか?

そして、
「運動好きになってほしい!」
「できればスポーツで活躍してほしい!」

でも、
「子どもと何をして遊べばいいかわからない…」
「何のスポーツをさせればいいかわからない…」
と思っていませんか?

習い事やスポーツを選ぶ前に、運動神経が良い子ってどんな子か思い浮かべてみましょう♪

運動神経が良い子の特徴といえば、パッと思いつくだけでも
・足が速い
・ボールさばきがうまい
・バランス能力が優れている
などがあげられると思います。

これらの秘密は、「コオーディネーション能力」と呼ばれるものにあります!!

 

■コオーディネーション能力とは一体何なのか?

コオーディネーション能力、聞いたことがあるようなないような。でも、詳しくは知らないという方がほとんどだと思います。

人は、信号の色に反応して行動したり、よーいドンのピストルの音を聞いてスタートしたり、音楽に合わせて踊ったりします。

カラダの中ではどうなっているのかというと、
・視覚や聴覚、触覚などの感覚器で情報を受け取り
・受け取った情報を脳で処理します
・動作実施に向けてイメージ、プログラミングし
・ 筋肉や腱、関節など、身体各部位で操作・調節して
・実際の動作が行われます

この、神経系を介した一連の流れを、より速くスムーズにおこなう能力を「コオーディネーション能力」といい、その能力を向上させるトレーニングを「コオーディネーショントレーニング」といいます。

コオーディネーション能力には、定位・反応・バランス・リズム化・分化・連結・変換の7つの能力がありますが、これらを満遍なく鍛えることで運動神経が良くなります(詳しくは別で説明していきます)。

「運動神経が良い」の正体は、インプットしたものを操作・調節してアウトプットする能力だったのです!
そして、この運動神経の良さはトレーニングで向上するので、遺伝は関係ありません。
育むことができるのです!!!!!

 

■ではコオーディネーショントレーニングを子どもがやるとどうなるの?

筋トレは成長途中の子どもはやらない方がいいよ!というように、何事にも発育・発達に適した時期というものがあります。

生後すぐに急激に発達するのは神経系といわれています。

神経系はコオーディネーション能力と密接に関係し、4~5歳で80%が完成し、6歳で90%が完成します。12歳頃に100%に近づき、その後20歳くらいを境に年齢を重ねるにつれてゆるやかに低下していきます。

なので、コオーディネーショントレーニングに最適な時期は0歳~12歳となります。中でも、6歳までが非常に重要になります!!
コオーディネーション能力はスポーツの土台ともいえるもので、土台が大きければ大きいほどピラミッドも大きくなります。

つまり、学校年代でスポーツを行う際の伸びしろが増えるのです。
より高い位置(世界)を目指すことも可能になるし、何をやってもうまくできるというのはここからきています。

世の中的には、いろいろなスポーツを経験させると運動神経が良くなる!
だから子どもにはサッカーもテニスもゴルフもやらせようと思われる方が多いのですが、実はそうではなかったのです。

※コオーディネーション能力の詳しい内容やトレーニングは、また別で投稿しますので、お楽しみにー???

ーーーーーーーーーー

 

■動画も見たい!という方へ

運動神経が良い子と悪い子、何がどう違うの?
youtu.be/jcL218k3kmE

 

著者の紹介

時田 文子

時田 文子

職種/所属先など
フリーランス
コオーディネーショントレーナー
NSCA認定パーソナルトレーナー
活動内容(概要)
オンライン・運動能力向上スクール(0歳~6歳)
保育園やスキーチームなど団体レッスン
コオーディネーション理論講習、セミナー
パーソナルトレーニング
問い合わせ等に対応可能な連絡先
https://ayako9175.wixsite.com/evergrowing
evergrowing52@gmail.com